茅場町女性鍼灸院

03-5614-0188

月、火、木、金曜日の10:00~19:00

(18:30最終受付)
土日祝はお休み

鍼灸美容コース

美容を目的とした茅場町いとう医院鍼灸室の鍼灸美容コースは、『お顔メインの美容鍼(美顔鍼)』コースとなります。東洋医学で『健美』という言葉がありますが、これは、美容の実現というものは体の健康の上にはじめて成り立つものであるという考えで、肉体的な健康はもちろんのこと、精神的健康も重視するものです。
鍼灸治療による体の健康回復と維持を通じて心身ともに健康な状態の実現を目指し、結果としてそのような心身の健康状態を表す皮膚組織が健全な状態となり、美しさにつながるというものです。
しっかり、じっくりと『健美』状態をつくりあげていくという性質上、どうしてもすぐに効果が出るという類のものとは言えないところもありますが、表れた効果は比較的持続するものであるとされています。

施術について
『お顔に鍼を刺す』ことで、いったいどのように『健美』状態を作ることができるのかということに関しですが、そもそも鍼には、体の状態を正常で自然な状態に戻していくという働きがあります。
では、これがお顔の場合にどう働くかというと、顔は身体の他の部分のように太く、厚く、大きな筋肉があるわけではなく、表情筋という筋肉で構成されていますが、身体の他の筋肉が骨と骨とを結んで、関節を動かす働きをしているものであるのに対して、表情筋はその名の通り細かな表情の違いを形成したりするために皮膚に着いて微妙な動きをするものとなります。
そのように全身の中でも薄くデリケートな構成となっている部位と言えますが、その構造は図のように、一番外側が角質層、そして表皮層があり、皮下脂肪などからなる皮下組織と表皮層との間に、真皮層があります。 真皮層の大部分を占める真皮網状層は、そのおよそ70%がコラーゲンから成り、他にコラーゲンの線維を支える役割を持つ、弾性線維とも呼ばれるエラスチンやヒアルロン酸といったもので構成されています。
そして、その真皮層の中には線維芽細胞という細胞があるのですが、この細胞がコラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸といった真皮層を構成する成分をつくりだしているのです。普段はフル活動をしているわけではないこの線維芽細胞ですが、損傷箇所を見つけるとそこに集まり、傷を治すためにコラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸といった成分を作り出します。
つまり、真皮層に鍼で傷をつけ、その傷が回復する過程で良い白血球が集まり弾性線維(エラスチン)が活発になって、やがて自己のコラーゲンが増えてくることで、お肌のハリが回復してくるというものです。
また、筋肉の一時的緊張、及び筋力活性化によるリフトアップ効果も期待されます。
施術の様子

写真は実際の施術の様子です。ご希望の内容や状態にあわせて鍼灸師と相談の上、お顔に40~100本の鍼を刺す場合も多くございます。お顔の場合、特に目の周りは皮膚がゆで卵の膜より薄いと言われていますので、どうしても施術に伴い内出血を起こす可能性がございます。美容鍼を受ける場合は、その後に控えているご予定、イベントごとなどに関してもお伺いすることがございますので、鍼灸師に詳しくご相談の上、施術を進めさせていただきます。ご不明な点、事前のご相談などお気軽にお電話ください。

その他の施術イメージを見る 1
その他の施術イメージを見る 2
その他の施術イメージを見る 3